サービスSERVICE

CmdwithUSはインターネットを通じて中小企業、ベンチャー企業をサポートします。

  1. システム開発

    システム開発

  2. ホームページ制作

    ホームページ制作

  3. コンサルティング

    コンサルティング

  4. 記帳代行

    記帳代行

システム開発

Web ALARM

WEBサイトを24時間監視し、データ改ざんの検知及び自動リカバリが可能です。

WebALARMは、国内で官公庁を中心に300サイト以上の導入実績がある、コンテンツの監視及び自動復旧システムです。
悪意のあるコンテンツの追加・変更・削除を感知すると即座に、そのバックアップデータから変更を修正し、メールまたはアラートであなたにその改ざんを伝えます。Web ALARMは全ての性的なファイルを監視することができるのです。
さらにファイルの更新時のリスクを最小限に抑える仕組みUMAを提供しています。
このUMAは、複数台の公開サーバーにコンテンツを同時に配信することも可能にしました。

主な機能

ファイルのデータの整合性を監視

暗号化アルゴリズムを使用して、ファイルとフォルダを連続して監視することで、下記のような改ざんを検知します。

  • 監視対象のファイルまたはフォルダの削除

  • 新しいファイルまたはフォルダが監視対象フォルダへ追加

  • 監視対象ファイルの内容を改ざん

  • 監視対象ファイルまたはフォルダのアクセス権限の変更

自動リカバリー

改ざんが検出されると、即リカバリします。この機能は、WebALARMの標準機能であり、管理者による追加のスクリプティングは必要ありません。

自動リカバリに使用できるオプションは次のとおりです。

  • 全自動でバックアップからファイルコンテンツをリカバリ

  • 標準テンプレートファイルによる差し替え

  • サードパーティまたはカスタムプログラムの自動起動(独自の復旧プログラム、ウイルス対策など)

  • バックアップからの自動回復

アラート機能

WebALARMは、改ざんの検出時にアラートを発行します。アラートの種類は次のとおりです。

  • WebALARMコンソールアラート

  • ネットワーク管理コンソールのアラート(SNMP経由)

  • E-mailでのアラート

 

お問い合せはこちらから